海のようなドロップネイルのやり方 うまくいかないのは?コツを紹介!

      2017/08/08

海面のような綺麗なドロップネイル。

夏にピッタリなので、チャレンジしてみよう!とやってみると、意外と難しい・・・!

うまく海面のようにならずににじんだり・・奥が深いです。

何度か失敗してコツをつかめたので、ドロップネイルのやり方とうまくいかない理由や失敗例・コツなどをご紹介します。

スポンサードリンク

海のようなドロップネイルのやり方

用意するもの

  • 土台になるカラー

    ブルーやグリーン、何でも好きな色。コントラストをハッキリさせるなら、濃い色の方が良いです。

  • ホワイト
  • クリアジェル
    固いジェル・サラサラのジェル

ドロップネイルのやり方

  1. ベースコートを塗ったら、土台になる色を塗っていきます。
    マットに塗っても良いですし、マーブルに塗っても動きがでてきれいです。
    ⇒硬化します。

    色の濃さによりますが、土台の色は2度塗りしました。

  2. 次はホワイトをぬっていきます。
    ホワイトは、シアーでサラサラのテクスチャの物が良いですが、なかなかサラサラの物はないので、ホワイトとサラサラのクリアジェルを混ぜて塗ります。
  3. IMG_8022

    ここでは硬化しません。

  4. 固いクリアジェルをドットペン、または細い筆か爪楊枝などに取って、ホワイトの上からポトポトとのせていきます。
    大きさはバラバラの方が良いです。
  5. IMG_8023

    クリアジェルは勝手に広がります。
    クリアジェルが広がりすぎて滲んでしまわないよう、時間をかけずにササッとしましょう。

    クリアジェルを全体に落としたら硬化します。

  6. トップジェルを塗って完了です。

ドロップネイルがうまくいかないのはなぜ?

ドロップネイルは思いの外難しいです。
何度も失敗しました。

失敗して分かった、なぜうまくいかないのか?

・ ホワイトジェルが濃い
・ ホワイトジェルが固い
・ クリアジェルがにじみやすい(柔らかい)
・ 時間がかかり過ぎている

という事が原因でしょう。

つまり、

  • ホワイトジェルの色の濃さと+テクスチャ
  • クリアジェルのテクスチャ

が重要だと思いました。

スポンサードリンク

ドロップネイルのコツは?

ドロップネイルを失敗しないコツは、ホワイトとクリアジェルのテクスチャの差が大切です。

◇ホワイトジェル
シアーな半透明くらいのホワイトを使います。
テクスチャはかなり柔らかめ、サラサラくらいが良いです。

柔らかいクリアジェルとホワイトを混ぜて作って下さい。

◇クリアジェル
水滴のように落とすクリアのテクスチャは固いジェルを使います。

固いクリアジェルだと、ゆっくり広がり滲みにくいので、慌てず塗れますし、ホワイトのジェルをきれいにはじいてくれます。

この組み合わせでやってみると、うまくいきます。
そして、時間をかけ過ぎずササっとやる事です。

私のドロップネイル失敗例!!

  • ホワイト・・・普通の固さ
  • クリア・・・・柔らかい

IMG_8005
広がるのを待たずに硬化した為、ぶどうみたいになってます。
これ以上広げると、滲みはじめて失敗しました。

  • ホワイト・・・普通の固さ・薄く塗ってみた
  • クリア・・・・普通の固さ

IMG_8013
少し海っぽくなりましたが、あまりハッキリした模様になりません。

  • ホワイト・・・ちょっと柔らかめ
  • クリア・・・・固め

IMG_8009
少しずつ海っぽくなってきていますが、まだぼんやり・・・
クリアがホワイトをあまりはじけていません。

時間かかりすぎて広がり過ぎたら・・
ドヨーンとした滲んだネイルに。
IMG_8008

  • ホワイト・・・かなり柔らかめ、クリアで薄めた
  • クリア・・・・固め


やっと成功!!



まとめ

何度か挑戦して、ホワイトとクリアジェルの固さの差が大切という事がわかりました!

土台の色も濃い方がハッキリしますし、マーブルにするとより綺麗でした。
ドロップネイル青グラデーションのやり方☆

でも爪全体に施すのは少し時間がかかり、気づいたら滲んでたりします。

逆フレンチのように部分的に施す方が、失敗しにくかったです→ドロップフレンチとシェル埋め込みネイルやり方



★人気ブログランキングに登録しています。 みなさんの応援がブログ更新の励みになります! 記事良かったヨー!と思ったら、是非下記のヨイネ!をクリックして下さい(*^^*)★


人気ブログランキングへ
スポンサードリンク

 - ジェルネイルデザイン