華子のネイル時々コスメdiary

セルフネイルやプチプラコスメで綺麗になりましょう!

ジェルネイルのライトの選び方☆led・uvの違いやワット数は?失敗から学んだ事

      2017/03/26

51dc7c257a9e1039df1db61873975c91_s
ジェルネイルをするには必須アイテムのライト。

ライトはカラージェルや筆のように消耗品ではないので、それなりにお値段はするし一度買ったら長く使いたいものです。

でもネットの商品を見ていると種類が多すぎて、値段もピンキリでどれが良いのか分かりづらい!(;''∀'')

それにネイルキットにライトもセットの事が多いので、ライトを重視してキットを選ぶよりキット内容のボリューム重視になってしまったりするんですよね~

って私がそうなんですが・・。(それで失敗しました。)

ライトを選ぶポイントを、私の失敗談からお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク
  

ジェルネイルのライトの選び方

ledかuvライトの違い

UVライト

  • 紫外線で硬化する
  • 硬化に時間がかかる
  • 寿命があるため半年~1年にライトを一回交換しないといけない
  • LEDライトより価格が安い

LEDライト

  • 可視光線(目に見える光)で硬化する
  • 硬化時間が短い
  • 電球は半永久的なので、交換しなくて良い
  • 出力の高いライトは価格が高め

元々はuvライトだけでしたが、最近はほとんどledライトに移行してきています。
大きな違いは波長です。uvライトは波長が大体365nm、ledライトは大体405nmの波長の物が多く、この波長で硬化するジェルを使わないと固まりません。

波長以外の性能で比べると、uvライトは硬化時間が長くて電球の交換というメンテナンスも必要。
さらに紫外線を使っているので、肌への影響は?とかも懸念してしまうところです。

ledライトと比べてライトの値段は安いけれど、長く使う事を思ったら硬化時間も短くメンテナンスの必要のないledの方が断然良い!uvライト選ぶ意味ある?
と思うかもしれません。

ですが・・・
ledライト派の私もuvライトも欲しい!と思った事があります。

それは今流行りのレジンでアクセサリーを作ろう!と思った時です。
レジンは紫外線で硬化するので、手持ちのledライトを使っても硬化しませんでした。
ネイルとは関係ない!と思われるかもしれませんが、自分でネイルしたいと思う人は後々レジンもしたいと思う可能性大です。
レジンでネイルのパーツも自作できますし。

今後ネイルもレジンもしたくなるかも。と思われた方や
既に沢山持っているジェルがuvライト用のジェルだからLEDライトに移行出来ない。と思われた方は

CCFLライトが良いと思います!

CCFLライトって?

CCFLライトは、硬化する波長が365nm~400nmと幅が広く、uv用のジェルもled用のジェルも硬化するハイブリットなライトです。
そしてuvライトのようにライトの交換はありません。硬化時間がかからずledライトと同じくらいの時間で硬化します。

uvとledの良いとこ取りですが、注意したいのはCCFLライトがすべてのジェルが硬化する訳ではなく、硬化しないジェルやしにくい色もあるようです。
そのあたりはジェルを購入時に問い合わせるなど気をつけないといけません。

スポンサードリンク

ジェルネイルライトのワット数はどれくらい必要?

ワット数は高い方が消費電力が高く、早い時間で硬化します。
なのでより早く硬化して作業の時短をはかりたいなら、ワット数の高いモノを選びたいところ。

uvライトは36wと電力が高いものでも安く手に入りますが、ledライトはワット数が上がるとそれなりにお値段します。

uvライトと比べ、ledライトは照射力が強いのでワット数を気にしなくてもあまり時間に影響はない。
なども言われているので、じゃあledライトは実際何ワットくらいあれば良いか目安なんですが、ネイル教室の先生いわく

最低でも12wは欲しいところです!

その理由はお客様に施術するとなると、出力の低いライトで時間がかかるのは効率的ではないから。
例えば、36wのledライトなら本硬化に10秒程度で済みますが、2wなら60秒かかります。

なのでセルフで自分にするだけ、時間がかかってもイイ!と言うならワット数を落として安い物でもイイんですけどね。

ですがワット数だけでなくて、もう一つ大事な事があります。

ジェルネイルライト選びの失敗談

ワット数も大切なんですが、私の失敗談から言わせてもらうと、LEDライトでも粗悪な商品は劣化します。

私が初めて買ったネイルキットのライトは、4WのLEDライトでした。
キットによくあるハート型のヤツです。
当時まだLEDよりuvライトの方がポピュラーでしたし、LED非対応のジェルも多かったんですが「半永久的に使える!」というのに惹かれてLEDライトを選びました。

と、ところがなんと、

1年で硬化しなくなりましたねぇ・・・。
買った当初使えていたジェルがすべて硬化しなくなりました。

で、値段重視じゃなくて長く使えるモノが良いと思ってシャイニージェルの12wのライトを購入しなおしました。
シャイニージェルにした理由は以下内容が書かれていたから。

Q. LEDの寿命は本当に長いの?
LEDは半永久的に使用できると言われていますが、本当に半永久的に使用できるのですか?

A. 半永久的に使用できるかは、パッケージによって変わります。
●砲弾型LED●
紫外線に非常に弱く、連続512時間で約30%パワーが低下します。
LEDチップ自体は半永久的に使用できますが、パッケージに問題があります。

使用用途は、主に中国などで使用される偽札判定機やクリスマス用のイルミネーションなどの使い捨てに使用されます。

●チップ型LED●
連続5万時間使用可能といわれています。

 中略

弊社のようなプロ用ブランドメーカーはチップ型LEDを採用しています。チップ型LEDは、砲弾型LEDに比べ大変高価なものとなりますが、パワーや品質が桁違いです。

引用:シャイニージェルLED Q&A

つまりライト選びには、ワット数だけでなくて型も大事なんだな~と学びました。

シャイニージェルのライトはもう4年は使いますが、依然問題なく使えています。
12wはもう廃番になっていて、今は16wが前と同じ値段で買えるのでイイナーお得だなーと感じます(泣)

まとめ

いかがでしたか?

普通にジェルネイルだけ楽しみたい。という方は断然ledライトがおすすめですが
レジンもしてみたいと思われた方はCCFLライトがおすすめです。
またledライトは半永久的と言われていますが、モノによってはすぐに劣化するものもあると思っておいた方が良いですね。

ライトの選び方の続き→ジェルネイルライトの選び方②ライトの形について



★人気ブログランキングに登録しています。 みなさんの応援がブログ更新の励みになります! 記事良かったヨー!と思ったら、是非下記のヨイネ!をクリックして下さい(*^^*)★

スポンサードリンク

 - ジェルネイルキット