シャイニージェルライト16w 36w ハンディの違いと比較|どれを選べば良い?

シャイニージェル ライト 比較 ジェルネイルライト

シャイニージェルの硬化用ライトは

  • 16wLEDライト
  • 36wUV+LEDハイブリッドライト
  • 6wハンディライト

の3種類ありますがどれを選べば良いのか?
迷うと思うので、3種類の違いと比較、初めてだとどれがおすすめかご紹介します。

華子
華子

セルフジェルネイル歴10年、シャイニージェル愛用歴9年の華子です。
独学で勉強しながら短期のネイルスクールにも通って基礎知識を身につけました。
シャイニージェルのライトは何種類か使ってるので、特徴や使い方など比較してお伝えできたらと思います。

スポンサードリンク

シャイニージェルライト16w・36w・ハンディのスペック比較

16WLEDランプ 6wハンディ型ランプ
36W LEDランプ
シャイニージェル ハンディライト 口コミ
ドーム型 ハンディ ドーム型
指何本入る? 5本 1〜2本 5本
コードレス ×
消費電力 16W(2W×8球) 6W
36W(1.2W×30球)
サイズ 182x160x92mm 158x49x47mm
215x195x82mm
波長 400~410nm 365(±5)nm

405(±5)nm

365+405nm
価格 9,350円 4,400円 29,150円
キット価格 11,495円 7,920円 30,206円

 

シャイニージェルキットでも、3種類のライトからお好きなライトを選ぶことができます。
ライト単体で購入するよりも、キットで買うほうが割引率が上がってかなりお得になります。

シャイニージェル16wライトの特徴・おすすめポイント

特徴

  • 16wのハイパワーで硬化ムラが起こりにくい設計
  • 6種類のタイマー設計
  • 上部にタイマーと操作ボタンがありセルフでも操作しやすい
  • 天板が簡単に外れてフットネイルがしやすい

シャイニージェルのライト、初めてだったらどれを買えば良いか?
結論から言うと、こちらの16wライトを選んでおけばOKです。

理由は・・・

  • ハンディライトは5本指一気に硬化できないのでメインライトには役不足
  • 36wハイブリッドライトは機能が多くて便利だが、少々お高い(高くても高機能が欲しい場合は別)

16wライトはセルフネイルには充分な機能が備わっていて、価格もお手頃なのでバランスが良いのです。

16wのハイパワーで硬化ムラが起こりにくい設計

電球は2w×8個ついています。

シャイニージェル ライト 16w 使い方

以前のモデルは12w(電球6個)だったのですが、それでは光が当たりづらく硬化ムラが起きることがあったので、それを軽減すべく改良され16wになりました。

ライトの性能が良くなったのに、ジェルネイルキットの値段は高くなるどころか少し安くなったんですよ。

さらに、硬化ムラをなくすために天板にガイドが付いています。


ガイドに沿って指を置けばムラなく硬化できるのです。

シャイニージェル ライト 違い
コンパクトながらしっかり5本指が入ります。

6種類のタイマー設計

「5秒・10秒・20秒・30秒・45秒・60秒」

と細かく設定可能なのが結構便利です。

軽く仮硬化の時は5秒、シアーなカラーで10秒、普通のカラーで20秒、濃いカラーで30秒、トップとベースは45秒、のように使い分けています。

上部にタイマーと操作ボタンがありセルフでも操作しやすい

シャイニージェル 16w ライト

黒い部分が、タイマーや操作ボタンになります。
上部にボタンがあることで、セルフの場合も人に施術する場合も操作がしやすいのです。

(プロ用は、人に施術するのがメインなのでボタンが本体の後にあることが多い)

天板が簡単に外れてフットネイルがしやすい

天板はマグネット式で簡単に取り外し可能。
天板を外せばフットネイルができます。
足も余裕で入ります。

シャイニージェル ライト 16w 使い方

華子
華子

超高機能ライトという訳ではないですが、セルフジェルネイルをするにはとても使いやすいライトです。
勿論、人に施術する時も問題なく使えますよ。

シャイニージェル6wハンディライトの特徴・おすすめポイント

特徴

  • 仮硬化したい時にサッと使えて便利
  • UV&LEDハイブリットライト
  • 充電式ポータブルライト
  • 持っても置いても使える形状

ハンディライトですが6wとそれなりのパワーがあり、さらに便利なハイブリッド&コードレスが特徴のライトです。

元々は3wだったのを6wにモデルチェンジしています!

仮硬化したい時にサッと使えて便利

シャイニージェル ハンディライト

軽くてコンパクトなので、指1本だけ仮硬化したい時や、1本だけ直したい時に便利です。

仮硬化とは、ジェルが流れるのを止めるために数秒だけ軽く固めることです。

例えばどういう場面で使っているかというと
複雑なアートをしていて、アートが崩れるのを防ぐためにちょこちょこ硬化したい時や、フォルム形成した後の流れ防止など。

ドーム型のライトだと1本だけ硬化するのが難しく、他の爪にも光が当たってしまいます。

ジェルネイル ライト 当てる時間

必死に薬指だけ硬化しようとしてる状態 笑

ハンディの場合1本だけピンポイントで硬化できます。

UV&LEDハイブリットライト

UVジェル、LEDジェル両方固めることができるので、とても便利です。
UVジェルは使ってないけれど、レジンは使ってるという方には魅力的なのでは?

充電式ポータブルライト

こちらを使ってみて思ったのが、充電の持ちがめちゃくちゃ良いことです。

公式の説明によると、「3~4時間の充電で約4時間の連続使用が可能」
ライトを3時間も使うことはないので、かなり長く使えますね。

また、充電がない時は充電しながら使うことも可能です。

持っても置いても使える形状

シャイニージェル ハンディライト 口コミ

従来のハンディライトは、片手で持って照射していました。
ですがこれが不便で不便で。

ジェルを塗って、筆を一旦置いて、ライトに持ち替え、照射(そしてその間手を使えない)

ですが、この形状だと置いた状態でドーム型のように使えるので
ライトに手を入れてボタンを押すだけで照射できます。

持つタイプと違い片手が空くので便利です。
ハンディとドームのいいとこ取りだと思いました。

 

華子
華子

手軽かつ機能的で、ネイリストさんもよく使われているライトです。
ただ、指を一気に硬化できないのでメインライトというより、メインライトのサブとして使うためのライトかなと思います。


スポンサードリンク

シャイニージェル36wハイブリッドライトの特徴・おすすめポイント

特徴

  • 硬化熱軽減機能(クレッシェンド機能)
  • UV&LEDハイブリッド
  • 充電式コードレス
  • 人感センサー付ON・OFF切り替え

と、他のライトと比べて機能がとても多いです。

硬化熱軽減機能(クレッシェンド機能)

段階的に光の量を調節することで、硬化熱を軽減できる「クレッシェンド機能」。
こちらはシャイニージェル独自の機能です。

最初は光の量を抑えて、徐々に光を強くしていくことで、硬化し始めた時に感じる熱と痛みを軽減します。

35秒タイマーの時のみ、硬化熱軽減モードになります。

UV&LEDハイブリッド

最近は増えてきてるハイブリッドライト、便利ですよね〜
どういう時に便利かというと

  • UVジェルも使いたい時
  • UVレジンを固めたい時

しかもUVライトだと硬化に2分とかすごく時間がかかっていたのですが、ハイブリッドだとLEDライトと同じ時間の30秒程度で固まるので、すごく時短になるという。

充電式コードレス

ハイパワーのライトにも関わらずコードレスというのが凄い。
コードがあると場所が限られてしまうし、コードが邪魔になることがあるので、コードレスというのはとても便利です。
約3.5時間の充電で連続約70分の使用が可能です。

人感センサー付ON・OFF切り替え

手を入れただけでライトが付く人感センサー付き。
ですが、ボタンでの操作をしたいこともあるので、切り替え可能です。

 

華子
華子

硬化熱軽減機能、ハイブリッド、コードレスは便利であったら良いなと思います。
ただ、操作ボタンが本体の背部にあるので、セルフ向けというよりプロ向け、人に施術するのに向いてるのかなと思いました。

シャイニージェルライトの良いところ2つ

シャイニージェル 16w ライトシャイニージェルライトの良いところは2つあって

  • 故障率が低く壊れにくい
  • アフターサポートがしっかりしている

故障率が低く壊れにくい

シャイニージェルのライトは7年の販売実績の中で故障率が1%以下と、壊れにくい製品と言えます。

私は以前の「12wライト」の頃から使っていますが、こちらは9年壊れずに使えています。
その後16wもハンディも使っていますが、こちらも2年以上使っていますがパワーが落ちることはありません。

華子
華子

ライトが壊れてるか判断しづらい場合もあります!
以前、LEDライトなのにパワーが徐々に落ちて、硬化不良を起こすライトを使ったことがあります。当時私も初心者でなぜジェルが固まりづらいのか?すぐに剥がれるのか?理由が分からず使い続けてしまいました。

シャイニージェル以外で探せば他にも安くて機能が優れているライトは多々あります。

ですが、保証が付いてなかったり、付いていても6ヶ月だけという場合が多く、これはアフターサポートに責任を持てないからだと思います。

アフターサポートがしっかりしている

シャイニージェルのライトは、万が一故障した場合も自社修理です。
素早く対応してもらえるです。

また1年保証もついています。

他社製品の場合、修理ができなかったり、出来ても修理期間が長いことが多いそう。

製品が安定している、アフターサポートがしっかりしている。
なので、安心して使えるところが気に入っていますし、初めての方にも是非使ってみてほしいと思います。

ライトが選べるシャイニージェルキットを見てみる



シャイニージェルライトの違いと比較 まとめ

  • 手軽なサブライトは6wハンディライト
  • 高機能で便利なのは36wハイブリッドライト
  • セルフネイルにおすすめなのは16wLEDライト

なので、ジェルネイルを始めたばかりなら、16wLEDライトを選べばOKです。

慣れてきて、仮硬化用やお直し用のポータブルライトが欲しいとなった時にハンディを購入すると良いと思います。

シャイニージェルはライト単体だと少しお高いですが、キットになると一気に割引になるので、ライトを買うならキットを選ぶ方がお得です。

ライトが選べるシャイニージェルキットを見てみる



スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました