ジェルネイルライトの選び方 UV・LED・CCFLの違いやワット数は?失敗したから言える事

ジェルネイルライト

ジェルネイルを始めるには必須アイテムのライト。

ライトはジェルや筆のように消耗品ではないので
それなりにお値段はするし一度買ったら長く使いたいものです。

でもネットなどで商品を見ていると種類が多すぎて、値段もピンキリでどれが良いのか分かりづらい。

しかも、ライトの種類もLEDやUVやら色々あって、一体何が違うの?

と思いませんか?

という事で、今回はジェルネイルライトの

UV・LED・CCFLの違いや、性能を比較してどれが良いか?

などを詳しくご紹介します。

スポンサードリンク

ジェルネイルライトUV・LED・CCFLの違い

UVライトの特徴

 紫外線で硬化

UVと言うと聞き馴染みがあると思いますが
お肌の大敵の紫外線です。
波長365(±5)ナノメートルの光を出します。

 硬化時間が長い

UVライトは硬化するのに2~3分と時間を要します。

 ライトに寿命がある
UVライトは、半年から1年程度で中の電球を交換しないといけません。
交換する電球の価格は数百円と安いのですが
交換時期を忘れて使っていると、ネイルが硬化不良を起こしてしまいます。

 LEDライトより価格が安い

LEDライトも昔と比べたらどんどん安くなってきていますが、さらにUVライトは安いです。
1000円前後で手に入ります。

LEDライトの特徴

 可視光線(目に見える光)で硬化する

ジェルネイル ライト 選び方UVライトが紫外線(紫より外側の目に見えない光)で硬化するなら
LEDライトは目に見える青紫色の光で硬化します。
波長は405(±5)ナノメートルの光を出します。

 硬化時間が短い

LEDライトはUVライトと比べて圧倒的に硬化時間が短くなります。
大体10~30秒程度で硬化できるので、作業のスピードアップになります。

 電球は半永久的なので、交換しなくて良い

LEDライトは長寿命なので、半永久的に使えると言われています。
が、LEDライトとは言え、劣化してくる場合もあるので、硬化不良を感じたらライトが劣化している可能性があります。

 UVライトと比べると価格が高い

UVライトと比べると、少し値段が高いです。
そして、ワット数の高いライトは硬化時間も短くなりますが、価格も高くなる傾向にあります。
が、最近では36W以上とワット数が高いものでも、3000円程度で売っているものもあります。

CCFLライトの特徴

 冷陰極管ランプ

CCFLとは冷陰極管蛍光灯(Cold Cathode Fluorescent Lamp)
という聞きなれないライトです。

最大の特徴としては

UVのジェル・LEDのジェル両方に使える

波長が365nm~400nmと幅が広く、uv用のジェルもled用のジェルも硬化するハイブリットなライトです。

 電球の交換は要らない

UVライトのようにライトの交換はありません。

 硬化時間が短い

LEDライトと同じくらいの時間で硬化します。

ジェルネイルライトLED・UV・CCFLを比較すると‥

LEDライト、UVライト、CCFLライトの違いを見てきました。

比較すると、違いは歴然!

UVライトは硬化にすごく時間がかかる上に、電球の交換が必要なので
今からジェルネイルを始められる方は、わざわざUVライトを選ぶ必要はありません。

昔はUVライトでしか硬化しないジェルも多かったですが
今はほとんどLEDライトに対応のジェルばかりですので。

しかも、UVライトは紫外線のUV-A波を出します。

微々たるものとは言え、

「長年ジェルネイルをしていたら、指先だけ日焼けしてきた気がする‥」

という声や噂をよく聞きました。

実際のところはどうか分かりませんが、紫外線を数分間当て続けると思うと、日焼けが心配になります。

なので、硬化時間が早くて電球の交換も要らないLEDライトが一番おすすめです。

スポンサードリンク

CCFLライトの方がハイブリットで良いのでは?

UV用ジェルもLED用ジェルにも両方対応したハイブリットなライトとして
少し前に注目されたCCFLライトですが

それなりに値段が高くて、あまり販売されていなかった為か、流行りませんでした。

両方に使えるとはいうものの、硬化不良を起こしやすいなどの口コミも多かったです。

そして、現在では

UV&LEDライト

というハイブリットライトが割とスタンダードになってきています。
しかも、割と安いんです。

波長の違う光を出せるのか、切り替えて使うのか
原理はよく分からないのですが

UV&LED両方使えるので便利です。

ジェルネイルだけならLEDライトがあれば問題ないですが
レジンでパーツ作りやアクセサリー作りをしたいな~という場合は、UV&LEDを選んでおくと良いです。


【楽天85週1位獲得!】LED & UV ネイルライト 48W ジェルネイル 業界注目低ヒート機能 全ジェル対応 自動感知センサー ジェルネイル・レジン用 【6カ月保証 日本語説明書 プロネイリスト監修ネイルレシピ付き】

ジェルネイルライトのワット数はどれくらい必要?

次に気になるのがLEDライトのパワー。

ワット数ですよね。

私は現在12wのLEDライトを使っていますが
大体このライトでジェルにもよるんですが

  • 仮硬化 10秒
  • 濃いカラーの仮硬化 20秒
  • 本硬化 30秒

ってな感じで使い分けています。

以前、ジェルネイルスクールに通っていた時に
「ライトのワット数はどれくらい必要ですか?」

と講師の方に聞いたら

「最低でも12wは欲しい」と言われました。

理由は、それ以下になると硬化に時間がかかり、効率が悪いからと言っていました。

ただ、LEDライトに関してはあまりワット数は関係ないと最近は言われています。

ワット数を重視しないといけなかったのはUVライトで
LEDというのは照明でもあるように凄く消費電力が小さいですよね。

LEDの場合単純にハイパワーになれば硬化が早くなるという事ではなくて

波長がきちんと合っているかどうか?が大切です。

405nm(ナノメートル)の光を出すLEDライトなら大体のジェルが固まります。

とは言え、1wのペン型ライトと12wの置き型ライトとでは、硬化スピードが全然違いました。

なのでやはり、10w以上あるLEDライトの方が効率良くネイルができます。

ジェルネイルLEDライトのワット数は低い方が良い?12wと1wで比較検証してみた
ジェルネイルLEDライトのワット数はどれくらいが良い?高い方が硬化スピードが速くなると言うけれど、一方LEDライトはワット数が低くても硬化スピードに変わりはないから低ワットのライトの方が安全という派もいる。ので12w、1w、0.18wのライトで比較検証してみました。

そして、もう一つ大事なのが、LEDライトのパッケージっていうのがあります。

ジェルネイルライトのパッケージって?

LEDは半永久的に使えると言われていますが

LEDライトでも粗悪な商品は劣化するのをご存知ですか?

私が初めて買ったネイルキットのライトは、4WのLEDライトでした。
キットによくあるハート型のヤツです。
当時まだLEDよりuvライトの方がポピュラーでしたし、LED非対応のジェルも多かったんですが「半永久的に使える!」というのに惹かれてLEDライトを選びました。

と、ところが

なんと、たった1年で硬化しなくなってしまったのです!

正確に言うと半年くらいで硬化不良を起こし始めました。

買った当初使えていたジェルがすべて硬化しなくなりました。

なぜ硬化しなくなったのか調べていると、以下の内容に辿り着きました。

Q. LEDの寿命は本当に長いの?
LEDは半永久的に使用できると言われていますが、本当に半永久的に使用できるのですか?

A. 半永久的に使用できるかは、パッケージによって変わります。
●砲弾型LED●
紫外線に非常に弱く、連続512時間で約30%パワーが低下します。
LEDチップ自体は半永久的に使用できますが、パッケージに問題があります。

使用用途は、主に中国などで使用される偽札判定機やクリスマス用のイルミネーションなどの使い捨てに使用されます。

●チップ型LED●
連続5万時間使用可能といわれています。

中略

弊社のようなプロ用ブランドメーカーはチップ型LEDを採用しています。チップ型LEDは、砲弾型LEDに比べ大変高価なものとなりますが、パワーや品質が桁違いです。

引用:シャイニージェルLED Q&A

1年で硬化しなくなったライトを見てみると、砲弾型LEDでした。

だからなのか‥と納得。

そしてシャイニージェルのライトに買い直し
もう6年は使いますが、依然問題なく硬化不足を起こす事なく使えています。
12wはもう廃番になっていて、今は16wが前と同じ値段で買えるのでイイナーお得だなーと感じます(泣)




純国産ジェルネイル、シャイニージェル。
初心者からプロネイリストまで愛用のネイル用品専門SHOP/シャイニージェル公式ショップ

ジェルネイルライトLED・UV・CCFLの違い まとめ

UVライトは‥

値段は安いが、硬化時間が長く、電球交換が必要で、紫外線を出すので日焼けの心配もある。
などなどデメリットが多い。

LEDライトは‥

硬化時間が短く、半永久的に使える。
LEDなので日焼けの心配はない。
価格は安いモノから高いモノまでピンキリ。

CCFLライトは‥

UV・LEDどちらのジェルにも対応できるハイブリットなライトだが
今はUV&LEDライトというものがある。

ネイルに使うだけならLEDライトを選んでおけば良いです。

多機能に使えそうなのは、UV&LEDライトです。

また、ライトを購入する際は値段やワット数だけ判断せずに、砲弾型かチップ型か確認しましょう。

私がおすすめするのは、シャイニージェルのキット(ライト)
です。

理由は、実際自分がライト選びに失敗して
その後シャイニージェルのキットを買い直し、6年以上使っているが問題なく使えているから。

ジェルが全て国産で、ベースジェルの持ちとツヤが良いから。
シンプルだけど必要なものはしっかりセットになっているから。

長く使いたいと思って購入しましたが、本当に長く使えています。

コンテナタイプでちょっと本格的なジェルメーカーですが、長く使いたいという方にはおすすめです。




ジェルネイルならシャイニージェル公式ショップ
 

ジェルネイルライトの選び方 生活スタイルに合わせたおすすめの物
続・ジェルネイルのライト選びについてです。 前回はジェルネイルのライトはUVライトとLEDライト、CCFLライトなどの種類があり、 ワット数の目安などについてお伝えしました。 前回の記事はコチラです。 今回は、生活スタイ...
ジェルネイルライトはledライトでも危険性あり?!メーカーに問い合わせてみた
こんにちは。華子です。 今回は、ふと疑問になったジェルネイルライトの危険性について。 疑問に思ったキッカケが、とあるジェルネイルの比較サイトを読んでいたら といった記事を目にして、とても驚いたからです。 ...
ジェルネイルLEDライトのワット数は低い方が良い?12wと1wで比較検証してみた
ジェルネイルLEDライトのワット数はどれくらいが良い?高い方が硬化スピードが速くなると言うけれど、一方LEDライトはワット数が低くても硬化スピードに変わりはないから低ワットのライトの方が安全という派もいる。ので12w、1w、0.18wのライトで比較検証してみました。
スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました