レトロなカラフルボーダーネイルのやり方|ピーコックの技を使って

ハロウィン ネイル 紫 秋ネイル

どことなく懐かしい、ちょっとハデ目なボーダー柄。

よく見ると「鳥」のようにも見える模様は、「ピーコック」という技を使って作りました。

ピーコックはジェルネイル検定の課題にもなる模様です。
できるようになると、色々と面白い模様が作り出せるので是非やってみて下さい。

スポンサードリンク

レトロなカラフルボーダーネイルのやり方

  • カラージェル
    パープル・マスタード・オレンジ・ホワイト・薄オレンジ
  • ネイルシール
  • 平筆・アート用細筆

ピーコックネイルに使うカラージェルは、ハッキリ発色のカラーの方が綺麗にできます。

ホワイトは、フレンチに使うようなハッキリしたホワイトを。

(私もホワイトを間違えて、シアーなホワイトを使ってしまい、少し失敗しました。)

ピーコック模様以外のネイルはベタ塗り+ネイルシールにしました。
ネイルシールは(すこーしハロウィンを意識して)こちらを使用。


ネイルシール ハロウィンを楽しく 選べる24種類 ジェルネイルの埋め込みにも使える粘着力|ネイルシール ネイル シール ネイル用品 デコ ネイルアート ジェルネイルシール ジェルネイル ジェルネイル用品 ネイルパーツ パーツ ジェル ネイルアートシール セルフ

カラフルボーダーピーコックネイルのやり方

「ピーコック」とは?・・・孔雀の羽根のようなネイルです。

何色かのジェルを塗って、硬化する前に細い筆で模様を加えていきます。

ハートやバタフライなど色々な模様ができるのですが、今回はボーダーです。

①ベースジェルを塗った後、薄オレンジを全体に塗り硬化します。

②ボーダーを描いていきます。
一番上はムラサキ⇒次はマスタード⇒ホワイト⇒オレンジ⇒一番下が薄オレンジの順で塗っていきます。

ピーコック ネイル やり方
ここで硬化しません。

スポンサードリンク
ポイント

★ ちょっと多めにジェルを乗せると、後で模様を作るときやりやすいです。

★ 隣の色と混じってにじみそうなら、少し間を開けてもOK!

平筆を使うと、ボーダーラインが綺麗に引けますが、他の色と滲みそうな場所は細い筆を使いました。

ボーダーラインが汚くても、出来上がりは意外とそれなりの物!ができますよ。

では、模様を作っていきます!

③細い筆を使い、線を引いていきます。ピーコック ネイル やり方

ジェルのついていない綺麗な筆で、筆圧をかけ過ぎず(かと言って弱過ぎると模様がハッキリしない)線を引きます。

上から下、下から上と交互に線を引き、全部で5本の線を引きました。
ピーコック ネイル やり方
1本線を引くたびに、筆は綺麗に拭き取って、次の線を引くようにしてください。

模様が良い感じになったら硬化します。

トップジェルを塗れば完成です。

ピーコック ネイル やり方

3本をボーダーピーコック、残り2本はネイルシールを使いました。

ハロウィン ネイル 紫

派手なので、フットネイルにも合いそうですよね。

カラフルボーダーピーコックネイル まとめ

ボーダーの形や、引く線によって色々な模様が楽しめるピーコックネイル。

複雑なデザインですが、ボーダーだと結構簡単にできるんですよね。

焦らなくてもすぐ滲まないので、ゆっくり1回線を引いたら筆をしっかり拭き取って下さい。

線を引く時の筆圧の強さはちょっと難しいですが、慣れるとコツをつかめます!

是非色々なパターンで試してみて下さいね!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました