ピーコックネイルのやり方と様々なデザイン フレンチ・ハート・バタフライなど

      2018/03/05

華やかだけど上品で、色々なカラーを組み合わせて楽しめるピーコックネイル。
ピーコックネイルとは、孔雀の羽根をイメージしたネイルです。

様々なやり方がありますが、フレンチやバタフライ、ハートやレースなど基本的なピーコックネイルのやり方をまとめてみました。

スポンサードリンク
  

ピーコックネイルのやり方

一般的なフレンチピーコック模様を作ります。

  1. ベースジェルを塗って硬化し、その上から好きな色のボーダーを細い筆で引きます。
  2. img_9582

    ポイント

    ・この時選ぶ色はどんな色でも良いですが、ハッキリ発色するホワイトを入れると、ぼやけずにピーコックらしくなります。

    ・またボーダーを塗る時はは、たっぷりめに色を乗せた方が後のピーコック模様がやりやすいです。

  3. ボーダーが引けたら、フレンチラインがギザギザになってしまっています。
    とりあえずコレを直さないと・・・。
  4. 細筆をジェルクリーナーかエタノールで拭きとります。

    筆に少しエタノールを付けて、フレンチラインのギザギザを整えるように拭いて、修正します。

    img_9583

  5. それではピーコック模様を作っていきましょう!

    細い筆を綺麗に拭いてから、端から一気に引きます。

  6. img_9621

    次の線を引くときも、毎回筆を綺麗に拭いてから引きます。

  7. 一般的なフレンチピーコックのできあがりです。

img_9587

フレンチピーコックの分かり易い解説付き動画はこちらです。

この動画ではベースのカラージェルを硬化しているかしていないのか分かりませんが、ピーコックの本来のやり方は

  • クリアジェルを塗り硬化させずに模様を書くか
  • ベースのカラージェルを硬化させずに模様を書くか

どちらかの方法でやります。

ですが、私は最初に習ったやり方が、ベースカラーを硬化させたらクリアジェルも塗らずそのままピーコック模様を書くやり方だったので、その方が滲みにくく個人的にはうまくいきます。
(ちなみに、試しに後で紹介するレースピーコックはベースのカラージェルを硬化させずにやってみました。見事に滲みました^_^;)

ですので、ご自分のやり易い方法を見つけて下さい。

ピーコックネイルの様々なデザイン

バタフライピーコックのやり方

  1. 中心を小さく、外にいくにつれて大きい幅になるようにボーダーを引いていきます。
    中心部分は点にします。
  2. img_9579

  3. 綺麗な細筆で、上から中心にかけて線を引っ張っていきます。
  4. 何本か線を引いたら、次は下から中心にかけて線を引きます。
    ⇒硬化します。
  5. 中心の点だった部分に、ストーンかラメを乗せて完成です。
  6. img_9588

ハートピーコックのやり方

ドットを書きます。
img_9585

綺麗な細筆で、上からドットの真ん中を通るように線を引きます。
硬化します。

完成。
img_9586

ハートピーコックはラブリーですね( ^^)
手の込んだデザインに見えるけれど、ピーコックの中では一番簡単かもしれません。

初心者さんでも、簡単にできますね!

スポンサードリンク

レースピーコックのやり方

斜めに何本かボーダーを引きます。
img_9618

今回、試しにベースのカラージェルを硬化せずにボーダーを書きましたが、滲んでしまいました^_^;

綺麗な細筆で、爪の端まで一気に引きます。

硬化して完成です。img_9619

レースピーコックの応用でツリーのピーコックができます。
img_9127

ツリーのピーコックのやり方はこちらに書いています。

交互のボーダーピーコックのやり方

ボヘミアンなイメージになる交互に線を引くピーコックです。

他のピーコックと違うところは、ピーコック模様の線を引くときに一方方向ではなくて、交互に線を引いていきます。
IMG_8811

ボーダーピーコックネイルの詳しいやり方はこちらに書いています。

先ほどのフレンチピーコックで比べてみると・・・

img_9589

左・・・一方方向
右・・・交互

ツバメみたいな模様ですね。

ピーコックネイルまとめ

いかがでしたか?

基本的なデザインのピーコックをご紹介しましたが、アレンジ次第で様々なオリジナルピーコックができます。

上手くできると、本当に孔雀の羽のようで綺麗ですね~^_^

試してみて下さいね!



★人気ブログランキングに登録しています。 みなさんの応援がブログ更新の励みになります! 記事良かったヨー!と思ったら、是非下記のヨイネ!をクリックして下さい(*^^*)★


人気ブログランキングへ
スポンサードリンク

 - ジェルネイルデザイン