ジェルネイルで色々なグレーの色の作り方♪白黒を使わず原色だけで作る3パターン

   

グレー ネイル 作り方

こんにちは。華子です。

今回は、グレーの作り方についてです。

が、グレーって普通白と黒を混ぜるだけでできるので、調べるまでもないという感じですが

今回ご紹介するのは、普通の作り方ではなく

一切白黒を使いません!(゚Д゚;)

白黒を使わず微妙なニュアンスの独特なグレーを作り出します。

スポンサードリンク
  

白黒を使わず色々なグレーの色の作り方

普通、グレーを作ろうと思ったら、白と黒があれば作れます。

白と黒の配分だけで、パステルグレーになったりダークグレーになったり‥

でも、もうちょっとブルー寄りとか、ブラウン寄りとか

微妙なニュアンスのグレーが良いな~と思う時ないですか?

その微妙なニュアンスのグレーを今回は作ります。

今回使った色はこちら。

毎度おなじみのシャイニージェルの三原色カラージェルと、ピュアレッドです。
(三原色カラージェルであらゆる色が作れると言いますが、真っ赤は作れません(^^;)

三原色 ジェルネイル

>SHINYGEL Professional:三原色 カラージェル

こんな鮮やかな色から、渋い、くすんだグレーを作ります。

どうやったらグレーができるのかというと

補色同士を混ぜます。

※補色というのは、色相環の図で円の反対側にある色の事です。
なので「反対色」と言ったりします。


例えば、赤の補色は反対側の青緑です。

補色同士を混ぜる事で、鮮やかだった色がどんどんくすんでいって、グレーっぽくなります。

ただ、少しの配分の違いでグレーというよりはブラウンになったりします。

ブルーグレーの作り方

まずはちょっとブルー寄りのグレーの作り方。

シアンとマゼンタを4:1くらいの割合で混ぜ、青寄りの紫を作ります。

出来上がった紫に少量ずつイエローを足します。

イエローが少なかったらもう少し紫っぽいモーブグレーができます。

(以前ご紹介したモーブグレーの作り方と一緒です。)

イエローが多くなると茶色になっていきます。

ダークグレーの作り方

濃い目のグレーを作ります。

グレー ネイル 作り方

上の作り方とほとんど同じですが、シアンとピュアレッドを混ぜます。

シアン:ピュアレッド 6:1くらい。

混ぜると濃いムラサキができるので、そこにイエローを少量ずつ足します。

これはちょっとムラサキ寄りのダークグレーですね。
もう少しイエローを足すと、紫っぽさがなくなります。

カーキグレーの作り方

カーキなの?グレーなの?
何と命名して良いか分からない微妙な緑っぽいグレーを作ります。


シアンとイエローを混ぜて鮮やかなグリーンを作ります。

こちらも、少しシアンが多めのターコイズグリーン系の色ですね。

出来上がったグリーンに、少量ずつマゼンタを足します。

 

出来上がり。

グレー 色 作り方

左‥‥ブルーグレー
中‥‥ダークグレー
右‥‥カーキグレー


スポンサードリンク

微妙なニュアンスのグレーを作るポイント

最後に足す色は、ごく少量ずつ徐々に足していくこと!

見ての通り、最後に足すイエローやマゼンタで一気に色味が変わります。

これを足し過ぎると、ブラウンになってしまいます。

出来上がった色をもうちょっと明るくしたい。

となった時は、白を足す前にクリアを足してみて下さい。

クリアでも色の明度は上がります。

色を暗くしたいとなったら、少量のブラックを足してみて下さい。



白黒を使わないグレーの作り方 まとめ

白黒を使わずグレーを作るには、補色同士を混ぜます。

今回は

  • ムラサキ+イエロー
  • 濃いムラサキ+イエロー
  • グリーン+マゼンタ

でやってみました。

混ぜすぎると、茶色になってしまうので、少しずつ混ぜて下さい。

実際やってみると、鮮やかなムラサキやグリーンが

ほんの少量イエローやマゼンタを足しただけで、一気にくすんでいくので面白いです。

是非作ってみて下さいね。
 

関連記事

ネイルでブルーグレーとブルージュ(くすみブルー)の作り方 3原色+白黒で作る!

くすみピンクとモーブネイルの色の作り方 手持ちのジェルをくすみカラーにする方法

マスタード色の作り方3パターン ジェルネイル基本の三原色+白黒だけで作る!

スポンサードリンク

 - ジェルネイル色の作り方 ,