PR 当ページは広告を含む場合があります。

ジェルネイルのカーキ色の簡単な作り方2パターン!基本の3原色と黒だけ!

ジェルネイル カーキ 作り方 ジェルネイル色の作り方
スポンサードリンク

秋ネイルで出番が多くなるスモーキーカラー。

中でも人気カラーはカーキ色ですね。

でもカーキ色のジェルって、あまり売ってない上に、イマイチ作り方が分かりにくい色じゃないですか?

そんなカーキ色の簡単な作り方、『基本の3原色と黒があればできる!』2パターンのやり方をご紹介します。

華子
華子

セルフジェルネイル歴10年の華子です。独学+短期のネイルスクールにも通いジェルネイルの基礎知識を身につけています♪

元々すぐに剥がれて1週間くらいしか持たなかったジェルネイル…。シャイニージェル に変えてから4週間持つようになりました。

スポンサードリンク

ジェルネイルのカーキ色の簡単な作り方1

使った色・・・黒・黄色

たったこれだけ。

カーキ色って、ミドリ色に何か混ぜて作るような気がしませんか?
勿論その作り方もありますが、黄色と黒だけでできるんです。

黄色と黒を10:1くらいの比率で混ぜます。

みるみる、カーキ色に!

黄色を多めにすると・・・オリーブ色っぽくなります。
黒を多めにすると、カーキのような、こげ茶色のようなシックな色合いになります。

ここからさらに色々足すとベージュになります。

ジェルネイルのベージュの作り方と肌なじみの良いピンクベージュの作り方
ネイルで欠かせない色のベージュです。手を綺麗に見せてくれるし、派手なネイルができないオフィスネイルにも必須のカラーです。なので各メーカー様々なベージュのジェルが出ていますが、せっかく買ったのに自分の肌に合わない。という事はありませんか?自分の肌に合うベージュを三原色カラーと白・黒を使って作ってみました。

ジェルネイルのカーキ色の簡単な作り方2

使った色・・・黄色・青(シアン)・赤

これが基本のカーキ色の作り方だと思います。

黄色と青を混ぜて、ミドリ色を作ります。

黄色と青は同じくらいの量を混ぜましたが、量を変えても雰囲気の違うカーキ色になります。


そこに、ほんの少し赤を混ぜていきます。

赤を混ぜる時は少しづつ少しづつ・・混ぜていって下さい。
一気に混ぜると、ただの茶色になってしまいます。

できあがりがコチラ!


先ほどの黒と黄色だけで作ったカーキと少し色味が違いませんか?

カーキ色にグレーを混ぜたようなスモーキーな色になりましたね。

並べてみると・・・

  1. 黒+黄色 黒多め
  2. 黒+黄色 黄色多め
  3. 黄色+青+赤

雰囲気の違うカーキ色が3つできました。
好みに合わせて作ってみて下さい。

今回使った青は、シアンという色で青というより水色です。

普通の青を使うともっと濃いカーキ色になります。

使ったカラージェルはシャイニージェル三原色+白黒5色セット です。

カーキ色の作り方 まとめ

いかがでしたか?

【黒+黄色】の方が、簡単ですが、オリーブっぽいカーキ色になります。

【黄色+青+赤】の方が、青っぽいカーキにしたり、緑に近いカーキにしたり色々と調節できます。

是非試してみて下さいね。

シャイニージェルキット なら、基本の三原色ジェルもセットで安くお得に買うことができます♪

セルフネイル、サロンみたいにキレイにできない。

そんなふうに思っていませんか?

私もジェルネイル初心者の時は全然うまくできませんでした。

ジェルネイル 下手

初心者の頃のヤバいネイル

キレイにできない上長持ちも悪く「何でだろう?」って思っていたのですが…

うまくできない一番の原因は何だったと思いますか?

一番大きな原因だったのが・・・

『ネイル用品が悪かったこと』でした。

最初に買ったネイルキットに入っていた、トップやベースジェルの品質が悪く、ライトも硬化不良を起こす粗悪品だったのです。

悩んで、他メーカーからの買い替え率が高いシャイニージェル を使ってみることに。

シャイニージェル キット 安い

すると、今まで悩んでいた「どうもサロンみたいなツヤツヤネイルができない」とか「すぐ剥がれる」といった悩みが全て解消したのです!

1週間しか持たなかったネイルが、シャイニージェル に変えてから3週間、4週間と続くようになり、ぷっくりツヤツヤのネイルができるように。

塗りかけネイル 汚い

周りからも「ネイル可愛い」とか「手がキレイ」と褒められるようになりました。

それから10年、私はずっとシャイニージェルを愛用しているのですが、製品は「もっと爪や肌に優しいものを」と改良され続けています。
LEDライトも10年も使ってるのに壊れていません。

今人気のポリッシュ型の手軽ジェルと比べて、本格的な分面倒でもあります。が、セルフでもサロン級の仕上がりを求めるシャイニージェル がおすすめです。

(ジェルネイル検定でも使われてるメーカーなので、将来ネイリストになりたいな〜なんて方にもぴったりです!)

 

~その他・ジェルを混ぜて色んな色の作り方~

ネイルでブルーグレーとブルージュ(くすみブルー)の作り方 3原色+白黒で作る!
秋冬定番のくすみカラーですが、最近は春でも人気!確かにくすみカラーネイルって、肌なじみが良くて落ち着きがあって良いですよね。そこで、今回は個人的にイチ押しカラー!ブルーグレー(くすみブルー)を毎度おなじみの3原色カラージェルと白黒を使って作ってみたいと思います。
ジェルネイルのボルドーとワインレッド プラム色の作り方 3パターン
秋に人気のネイルカラー、ワインレッドやボルドープラムを作ってみましょう!自作カラーなら自分の好きな色が作れますよ!
マスタード色の作り方3パターン ジェルネイル基本の三原色+白黒だけで作る!
ジェルネイルの色の作り方シリーズ。 今回は、おしゃれカラーのマスタードの作り方です。 ほぼ黄色なんだけれど、マスタードは刺し色などに使うとなんともおしゃれに決まる色ですよね。 微妙なニュアンスの色味なので、市販のジェルでお気に入りの色が見つ...
くすみピンクとモーブネイルの色の作り方 手持ちのジェルをくすみカラーにする方法
秋冬になると外せないカラーのくすみピンクやモーブカラー。 ピンクはピンクでも大人が使い易い上品な色ですよね。 しかし、こういうニュアンスカラーは求めている色がなかなか売ってなかったり、ネットで購入した場合画像と実物とかなり色味が違う!! っ...
スポンサードリンク

コメント

  1. y より:

    3の色を作るための黄青赤の比率を教えてください

    • hanako より:

      y様
      コメントありがとうございます。遅くなってすみません。
      比率はこちら完全に感覚でやってますね(^^;
      黄色が多めのグリーンを作り、赤を徐々に入れていくという工程ですが、試してみて比率が分かったらまた記載しますので少々お待ちください。

タイトルとURLをコピーしました