セルフジェルネイルがすぐ剥がれる人必見!長持ちのコツやグッズを紹介

      2019/02/07


セルフジェルネイルを始めるキッカケって、
『店ですると1万円近くかかるネイルが、同じ1万円でキットを購入すれば、何度もネイルができるから経済的!』

だからという方が多いと思います。私もそうでした。

でも、やはり素人とプロは違い、プロだと1ヶ月近く持つジェルネイルが初心者だと3日で剥がれたりすることがよくあります。
これじゃ、何のために時間をかけて一生懸命ネイルをしたのか分かりませんね(T_T)

では、なぜ素人はジェルネイルが長持ちせずすぐに剥がれてしまうのか?
また長持ちするコツについてもご紹介しますね。

スポンサードリンク

セルフジェルネイルがすぐ剥がれるのはなぜ?

私も初心者の頃はネイルがすぐに剥がれました。

どんなに頑張って色々と試しても、なぜか1週間と持たない・・・これは何故か?

色々と調べて辿り着いたのは、『プロに教えてもらおう!』
でした(笑)

セルフネイルレッスンを受けてからは、ネイルは長持ちするようになり、水仕事を毎日しても3週間は持ちます。

では、初心者の頃と今で何がそんなに違いを出しているのかというと・・・

①プレパレーション(下準備)
②使っているグッズ

だけなんです。

セルフジェルネイルの長持ちのコツ①プレパレーション

ジェルネイル初心者の頃は、早くジェルを塗りたくて、プレパレーションをおろそかにしていました。

でもプレパレーションにはいくつもの工程があって、プレパレーションだけで1時間近くかかったりするんです。
そのプレパレーションの工程は、

  • エメリーボードで爪の長さを整え
  • キューティクルリムーバーでキューティクルをふやかしたら
  • キューティクルの押し上げをし
  • ルースキューティクルをニッパーでカットし
  • 爪表面を軽く傷つけるサンディングをし
  • ダストを完全にはらい、ダストを拭き取り
  • プレプライマーを塗って、表面の油分水分を飛ばす!

    という手順をこなしてやっとプレパレーションが終了なんです。

    ネイル初心者さんが、プレパレーションの全ての工程をやってのけるのは大変なので、この項目の中でも是非これだけは長持ちのためにしておきたいのが、

    キューティクルの処理と、爪表面の汚れの拭き取りです。

    キューティクル処理のやり方

    キューティクルの処理とは、爪の根元の甘皮を押し上げ、いらない甘皮(ルースキューティクル)を取り除く作業です。

    こちらの動画が分かりやすいです。

    キューティクルの押し上げは、メタルプッシャーを使い押し上げます。
    その際にルースキューティクルが爪にこびりついてくるので、それを取ります。

    キューティクルニッパーを使ってルースキューティクルを取るのは難しいので、
    ルースキューティクルは濡らしたガーゼなどでこすって取ったり、セラミックプッシャーを使っても綺麗に取れます。

    この作業をきちんとやっていないと、ジェルを塗る時にキューティクルの上までジェルが乗ってしまいやすくなりリフトの原因になります。

    キューティクル処理の詳しいやり方と手順

    爪表面の汚れをエタノールで拭き取る

    サンディングをして、ダストをはらってから必ずエタノールで爪や、爪の裏、サイド、キューティクルラインをしっかり拭き取って下さい。

    ネイルレッスンの先生も、この消毒の作業がとても大切と言っていました。
    油分や汚れが残っていると、剥がれやすくなるのは勿論ですが、
    消毒を怠ると、グリーンネイルになる恐れもあるのでしっかり消毒して下さい。

    サンディング不用のジェルも多いですが、サンディングをしなくても、必ず行って下さい。


    スポンサードリンク

    セルフジェルネイルの長持ちのコツ②グッズ

    すぐにぺろんと剥がれてしまうのは、使っているネイルグッズが悪いからかもしれません。

    安いLEDライトは、出力が落ち、徐々に硬化しにくくなりますし、
    どうも密着が悪いベースはサンディングを頑張ってもすぐに剥がれてきます。

    色々と試して、現在私が使っている物は・・・

    • LEDライト・・・シャイニージェル
    • 私は12wの物を使用していますが、今は12wは販売されておらず、16wにパワーアップしてさらに時短が見込めます。
      しかも12wの時よりも価格がちょっと安くなってるので‥微妙な気分です(^^;

      ジェルネイルならシャイニージェル公式ショップ

    • ベースジェル・トップジェル・・・グレースガーデン
    • グレースガーデンのベースも、サンディング不用で長持ちすると、セルフネイラーの間では有名です。
      1ヶ月持った!などのレビューの数々を見てみて下さい。
      トップジェルも種類が豊富なんですね。私はワイプレストップを愛用しています。

      何よりグレースガーデンのジェルは内容量も多いのに、値段が安いところが素敵です!
      セルフネイラーは安くて良い商品を使いたいですからね。

    • ベースジェル・トップジェル・・・シャイニージェル
    • 私はシャイニージェルが好きですが、実は以前のクリアジェル(ベースとトップ一体型のもの)は扱いづらくて苦手でした。
      しかし、現在販売されているシャイニージェルのスーパーベースとスーパートップは、凄く良いです!

      どのように良いか一言で言えないので、こちらにくわしくまとめてます。⇒これぞ求めてたベースジェル!削らないのにオフが楽で爪が傷まない&持ちが良い!

    • ジェルの密着を良くするプレプライマー
    • 爪の油分や水分をエタノールよりもしっかり取り切ってくれるプレプライマー。
      これをジェルの塗布前に使う事で、随分持ちが変わります。

私が使っているプレプライマーはイージーフロウのイージーボンドです。

セルフジェルネイル長持ちのコツまとめ

いかがでしたか?

長持ちしない理由は、色々とありますが、
大きく分けると「プレパレーション」と「使っているグッズ」だと経験上言えます。

私はプレパレーションと、使っている物を変えてから、サンディングやプライマーなしでもネイルが3週間以上続くようになりました。

ただ、方法や使う物を変えても、どうしても長持ちしないようなら、今はセルフネイルを習う教室が沢山ありますので、プロに習うのが確実だと思います。

ネイル通信スクールなら実際のスクールに通うよりも安く、プロの技や使っているものを教えてもらえます。

ジェルネイルは簡単そうに見えて意外と奥が深いので、早く上達したいならネイルスクールをおすすめします。

⇒ ⇒ジェルネイル通信講座 無料資料請求してみる

スポンサードリンク

 - ネイルお悩み ,