テラコッタネイルの色の作り方3色☆秋冬ネイルにおすすめ!

      2018/08/24

cec14912e56231149597c2fb241a8d6f_s
今年の秋冬はテラコッタカラーが人気ですねー!

テラコッタ(^◇^)パンナコッタ!みたいな可愛いネーミング。

テラコッタカラーとは、茶色がかったオレンジ色の事です。

赤味の強い土色と言いますか、レンガ色というか、はたまたサビ色とでも言いますか(笑)

とにかく、絶妙な色合いですね!

そんなテラコッタカラーのネイルを、今回も三原色を使って作ってみたので色の作り方をご紹介します(*^_^*)

スポンサードリンク
  

テラコッタネイルの色の作り方3色

テラコッタカラーネイルに使った色

毎度おなじみのシャイニージェルの3原色(シアン・マゼンタ・イエロー)とブラック&ホワイトでやってみました。

img_8865

何かと活躍してくれる三原色⇒[UV/LED対応○]発色バツグン!!(プロ三原色カラー三色セット)シャイニージ...

でも、わざわざこれを使わないといけないという訳ではありません。

オレンジ色があれば出来ます!

テラコッタカラー作り方1

目指すはレンガ色!もしくはサビ色ですね!

  1. まずはオレンジ色を作ります~。

    マゼンタとイエローを、若干イエローが多めで混ぜます。

  2. img_9100

    海外のオレンジジュースかってくらい派手な鮮やかなオレンジ色ができます。

  3. ここに少しずつ少しずつ黒を混ぜていきます。
  4. img_9101

  5. サビ色っぽくなったら、出来上がりです!

img_9104

単純過ぎましたか?そうです。
単にオレンジ色に黒を混ぜただけでテラコッタカラーができました。

テラコッタカラー作り方2

作り方1で出来たテラコッタは暗い色になったので、クリアやホワイトで薄めてみました。

これをテラコッタカラーと言うのかは分かりませんが、サーモンピンクをくすませたような感じというか、フォームカラーなベージュで肌なじみが良さそうな色です。

img_9107

テラコッタカラー作り方3

別の作り方です。

  1. まずはオレンジ色を作るところまでは一緒です。
  2. できたハデハデオレンジ色にシアンをすこーしずつ混ぜます。
    img_9103

    シアンを少量でも混ぜると、鮮やかだったオレンジ色の彩度が落ちて一気にくすみカラーになります。

  3. 少量のシアンで良い感じのテラコッタカラーに。

img_9106

ブラックを混ぜて作った作り方1より、明るいテラコッタカラーになりました。

どちらの作り方でも、良い色ができますね。

暗めが良いならブラックを混ぜて作って下さい。

スポンサードリンク

テラコッタカラー3色並べてみた。

img_9109

  • 左・・・作り方1
  • 中・・・作り方2
  • 右・・・作り方3

どれも秋らしい良い色になりました。

実はこのテラコッタカラーって、日本人の肌にとっても馴染む色で、メイクの時にもチークやシャドウなど取り入れると良い色なんです!

と、佐伯チズさんの著書で書いていました。

ほんと、肌なじみが良くて血色をよく見せてくれる色ですね。

是非試してみて下さいね(*^^)v

私が失敗を繰り返して辿り着いたジェルネイルキットはシャイニージェル
です。
シャイニージェルは、純国産のジェルを扱っています。プロも使っていて、ジェルネイル検定でも使われているのです。

そして、使ってみて何よりオススメと思えるのが、LEDランプが劣化せずとても長ーく使えるところ!

価格は1万円くらいなので、他のジェルネイルキットと変わりませんが、長く使いたい方、今後ジェルネイル検定を受けるかもしれないという方には間違いないキットです!

⇒ シャイニージェル公式ショップはこちら

スポンサードリンク

 - ジェルネイル色の作り方 ,