ジェルネイル筆が固まった(硬化した)時の対処法 すぐ捨てないで!

   

ジェルネイルの筆、ふと気づいたらジェルでガチガチに固まってしまった!!
という経験はありませんか?

ライトに当てたわけでもないのに、何故か筆が硬化してしまった・・・

こうなると使えないので捨ててしまおうか、と思うかもしれませんが、

チョーット待って下さい!!その筆、復元できるかもしれません。

スポンサードリンク
  

ジェルネイル筆が固まった(硬化した)時の対処法

ライトを当てたわけじゃないのに、ふと気づいたら固まっていた。

ジェルネイル中に、筆にジェルが付いたまま出しっぱなしで、家事や用事を間に挟んでしまい、気付いたら筆がガチガチに・・
これ、私はしょっちゅうやってしまいます(笑)

ジェルは、ライトに当てなくても蛍光灯の光や紫外線でも硬化するので、使わない時はすぐにキャップをしないといけません。
でも、分かっているのに忘れてしまうんですよね。

そんな固まってしまった筆、どうするかというと‥

  1. ダッペンデッシュなど、ガラスの容器にジェルリムーバー、もしくはアセトン(アセトンの方が最強だけど筆を傷めます)を入れ、そこに固まってしまった筆を浸します。
  2. そのまま15分~20分ほど放置。すると筆先は柔らかくなっていると思います。
  3. 筆を取り出して、キッチンペーパーなどで拭き取ってみると、固まっていたジェルが筆の間でふやけています。
  4. 筆の間からポロポロと固まったジェルが出て来るので、それを根気よく取ります。
  5. そのままだと筆はブリーチした髪の毛みたいに、パッサパサになっていると思います。

  6. そこで、クリアジェルを筆にとり、アルミホイルなどの上で筆に馴染ませていきます。
  7. クリアジェルを筆に馴染ませていると、筆に絡まっているジェルのカスやラメなども取れます。

  8. キッチンペーパーで拭き取って、復元完了!


スポンサードリンク

ジェルで筆が固まり過ぎて元に戻らない場合

アセトンに浸してみても取り切れない。。

または、ある程度取れたけど筆自体も傷んで、固まったクリアジェルと共に毛もちぎれたりして使い物にならない‥

と、頑張ってみても直らなかった筆も、捨てずに置いておいた方が良いです。

毛先がバサバサでダメになった筆は、ツイード筆のような感じで、いびつな筆先を使うアートに使えたりします。
また、衛生上ハンドネイルとフットネイルの筆は分けた方が良いので、私はNG筆はフットネイル用にしたりしています。

相当酷い状態でなければ、ジェルクリーナーに浸け込んでやるだけで、大体固まったジェルは取れます。

でもその分筆は傷んで、毛先がまとまらず使いにくくなってしまうんですが(^-^;

ジェルネイル筆の片付け方

日光や、室内の蛍光灯の光でもジェルは固まってしまいます。

使い終わった筆は、ジェルクリーナーを含ませたキッチンペーパーなどで軽く拭き取り、キャップを必ずして片付けましょう。

拭き取る際、コットンを使ったら筆に繊維が付くので、キッチンペーパーかワイプを使う事!

筆立てに戻す時も、普通キャップを上にして戻してしまいがちですが、光に当たりにくくするため、キャップをしている筆先が下になるように片付けるのが正解です。

ジェル筆、高いモノから安いモノまでピンキリですが、安くても使い易い筆はあります。
筆は大切に扱いたいですが、でも消耗品でもあるので、私は100円台の筆を使っています。

私が使っている筆がコレ⇒【メール便OK】『握りやすいグリップ!ジェルネイルの仕上がりに差がつく』黒筆 ジェルネイル用選べる16種類 平筆、フレンチ、ラウンド、ライン各種細筆など使えるアート用ジェルブラシ

安いのに筆先の硬さが丁度良くて、かなーり使い易い!キャップもしっかりしています!

安い筆だと消耗品と割り切って、固まってしまっても捨てやすいです。私は貧乏性なので、捨てずに復元させますが(笑)



★人気ブログランキングに登録しています。 みなさんの応援がブログ更新の励みになります! 記事良かったヨー!と思ったら、是非下記のヨイネ!をクリックして下さい(*^^*)★


人気ブログランキングへ
スポンサードリンク

 - ネイルお悩み