赤のべっ甲ジェルネイルのやり方と使った色☆コツはある?

   

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
秋冬の定番のべっ甲ネイル。

シックで、おしゃれで、大人っぽくて、べっ甲ネイルをするとぐっと季節感が出ますよね。

べっ甲ネイルはカワイイけれど、ちょっと変わったべっ甲にしたい!という方に、クリスマスも近い事ですし、赤のべっ甲ネイルなんて素敵ではないですか?

でも赤のべっ甲ネイルは、ぼんやりした色合いで何色を使っているか分かりづらいですよね。

そこで今回は赤のべっ甲ネイルに使った色・やり方やコツについてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク
  

赤のべっ甲ネイルに使った色

どんな色でも出来ると思いますが、濃淡がある程度出た方が良いかな?と思い

ベースはピンク寄りの赤をクリアで少し薄めて使いました。

べっ甲の模様はダークブラウンを使用。

ここはダークブラウンがなくても、黒でも大丈夫です。

赤のべっ甲ネイルのやり方

  1. ベースカラーの赤(クリアで混ぜた)を塗っていきます。⇒硬化します。

  2. もう一度赤を塗り⇒硬化します。
  3. img_9023

  4. ダークブラウンをランダムに置いていきます。ダルメシアン模様みたいに。
  5. img_9024

  6. 硬化せずに、筆にクリアを取りダークブラウンをぼかしていきます。
  7. img_9025

  8. 境目が分からないようにぼかせたら、硬化します。
  9. img_9026

  10. トップジェルを塗って完了です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
色がピンク寄りの薄い赤を使っているので、ちょっとショッキングピンクっぽい可愛い色合いになりました。

べっ甲ネイルのコツは?

べっ甲ネイルのやり方は、色々なやり方があり、やりやすさは人それぞれです。

タイダイネイルやマーブルネイルと同じように、ベースカラーと模様にするカラーを硬化させずに馴染ませていく方法もあります。

スポンサードリンク

ベースカラーを硬化させる前に、模様の色を乗せて筆で叩いて馴染ませていくんですが、

私も元々このやり方でべっ甲ネイルをやっていましたが、どうもマーブルやタイダイ感が出てしまうんです。

こちらにべっ甲ネイルのやり方を3パターン紹介しているので、よろしければ比べてみて下さい。

ですので、ベースカラーを硬化させてから、模様の色を乗せてクリアでぼかしていく方が、色が混ざり切らないのでべっ甲感は出せます。

コツは、模様のカラーをぼかし過ぎず、色の差をしっかり出す事です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まとめ

いかがでしたか?

赤のべっ甲ネイルも秘か~に人気のようですが、濃い赤を使って、あまり濃淡の差がないと、
どす黒い赤のネイル(~_~;)

という感じにも見えてしまうので、色選びは結構大切ですね。

普通のべっ甲ネイルに飽きた、斬新な色でやってみたいという方は是非チャレンジしてみて下さいね!



★人気ブログランキングに登録しています。 みなさんの応援がブログ更新の励みになります! 記事良かったヨー!と思ったら、是非下記のヨイネ!をクリックして下さい(*^^*)★


人気ブログランキングへ
スポンサードリンク

 - ジェルネイルデザイン ,