華子のネイル時々コスメdiary

セルフネイルやプチプラコスメで綺麗になりましょう!

べっ甲ネイルの簡単なやり方3パターン!必要な色は?

      2016/10/31


渋くて、温かみがあって、どこか懐かしい。

けれど取り入れると、一気にオシャレな雰囲気になるべっ甲ネイル。

秋になると、毎年人気が出て、ヒョウ柄に並ぶ秋の定番モチーフですね。

ちょっとテクニックがいりそうなべっ甲ネイルですが、実はそんなに難しい事はありません。

べっ甲ネイルに必要な色と、やり方を3パターンご紹介しますね!

スポンサードリンク

べっ甲ネイルに必要な色は?

温かみのある、茶色というか赤茶っぽい色はどんな風にして出しているんでしょう?

私が使ったのは、この3色です。

IMG_8729

イエロー・キャメル・ダークブラウン

もっと深みを出して濃淡をハッキリさせるには、黒を使ったり、
赤茶色を使ったりします。


べっ甲ネイルの簡単なやり方

べっ甲ネイルのやり方①

あまり色を使わず、手順も簡単にしたバージョンのべっ甲ネイルです。

  • 使う色
  • キャメル・ダークブラウン

の2色だけ。

  1. キャメルを2度塗りします。⇒ここで2度塗り目は硬化しません。
  2. IMG_8718

  3. ダークブラウンを何か所かにランダムに乗せます。
  4. IMG_8719

  5. 筆を一旦綺麗に拭き取ってから、筆でトントンと叩くようにキャメルとブラウンを馴染ませていきます。

IMG_8720
ポイント
濃淡がハッキリ出るように、馴染ませ過ぎない事です。
ダークブラウンの濃い部分も残して下さい。


スポンサードリンク

べっ甲ネイルのやり方②

このやり方がべっ甲ネイルの正式(?)なやり方だと思います。

  • 使う色
  • キャメル・ダークブラウン

  1. キャメルを2度塗りして、硬化します。
  2. ダークブラウンを何か所かにランダムに乗せます。
  3. IMG_8721
    今度はベースカラーを硬化してるので、キャメルと混ぜる事はできません。

  4. クリアジェルを筆に取って、ダークブラウンを馴染ませていきます。

IMG_8722
今回も同じように、筆をトントンと叩くように、ダークブラウンとクリアを馴染ませます。

べっ甲ネイルのやり方②

  • 使う色
  • イエロー・ダークブラウン

ここに来てやっとイエローの登場です。

やり方は、『べっ甲ネイルのやり方②』と同じですが

ベースカラーをイエローにしました。
IMG_8723
イエローベースなので、ダークブラウンとクリアを馴染ませる時、全体にダークブラウンが広がるように馴染ませないといけません。

一度でうまくいかなかったら、硬化したのち、ダークブラウンをクリアジェルで馴染ませる手順を2回繰り返すと良いです。

べっ甲ネイル3パターン出来上がり

3パターンができました。
見比べてみると・・・

①・・べっ甲ネイルやりかた①
②・・べっ甲ネイルやりかた②
③・・べっ甲ネイルやりかた③

どれも同じように見えますが・・
黄色が一番濃淡がハッキリしています。

秋の人気色、ボルドーや赤、ネイビーカーキなどの色との相性もばっちりですね。

是非やってみて下さいね!



★人気ブログランキングに登録しています。 みなさんの応援がブログ更新の励みになります! 記事良かったヨー!と思ったら、是非下記のヨイネ!をクリックして下さい(*^^*)★

スポンサードリンク

 - ジェルネイルデザイン, ジェルネイル色の作り方 ,