ジェルネイル初心者さんが注意するべき6つの事 避けたいトラブル

   

  • マニキュア派だったけれど、ジェルにも興味がある。
  • ジェルネイルキットもそんなに高いものじゃないしやってみようかな?

ジェルネイルのグッズは沢山あるので、始める事は簡単ですが、知識がないままジェルネイルする事で起こってしまうトラブルは色々とあります。

今回は、これだけは覚えておきたい、セルフジェルネイルの注意点をまとめました。

スポンサードリンク
 

ジェルネイル初心者さんが注意することと避けたいトラブル

1.ジェルネイルのオフは正しく!

ジェルネイルを始めて、一番多いトラブルは爪が薄くもろくなる事ではないでしょうか。
私も実際、ジェルネイルを始めて数か月で、こんなに自分の爪って薄かったかな?と思う薄さになりました。

元々爪が薄い人ならなおさら危険で、それ以上薄くなってしまうと、水仕事でしみたり、赤く炎症を起こしたり・・という事態になる事もあるので気をつけないといけません!

薄くなる一番の原因は雑なジェルネイルのオフです。

というのも、ジェルネイルを塗っている時は楽しいけれど、オフするのはとてもメンドクサイんですよ。

なので、ちょっと浮いてきた所から無理矢理剥がす、というオフの仕方をしている人はとても多いんです。
(私も前はやってました・・)
無理矢理剥がすと確実に、自爪も少し持って行かれてしまい、すぐに爪は薄くなります。

また、セルフジェルはきちんと出来ていないと取れやすいです。
無理矢理剥がすつもりはなくても、気づいたら取れてしまった。という事もあるんですね。

対策は、オフは面倒がらず正しい方法で。浮いてきたら無理矢理剥がさずオフする事が大切です。

ジェルネイルオフの正しいやり方

2.爪を削り過ぎない

ジェルネイルは、ジェルを塗る前に自爪との密着性を上げる為に自爪にファイルで傷を入れる行為(サンディング)をします。
(最近はサンディング不要のジェルも多いです。)

このサンディングをやり過ぎて、爪が薄くなる事もあります。

また、オフの際もジェルをある程度ファイルで削り落としてからアセトンで包みますが、ファイルがけをやり過ぎて自爪まで削ってしまう事もあります。

対策は、サンディングは削り過ぎない事!爪表面のツヤがなくなる程度に傷をつけます。
自爪を傷めないサンディング方法

3.ジェルネイルを頻繁に付け替えない

ジェルネイルを初めてすぐは、技術不足で思ったより長持ちしない事もあります。1週間も経たず取れた!なんて事も。
取れて爪がボロボロのまま、またネイルをして、また取れて、、を繰り返すと、すぐに爪は薄くなります。
ボロボロの爪にジェルネイルをすると持ちも悪くなり、より悪循環に陥ってしまいます。

対策は、頻繁に付け替えずに、爪を休める期間も取る事です。

爪が薄くなるのは以上3つの事が主な原因です。

4.グリーンネイル

その名の通り、爪が緑色に変色する緑膿菌感染症という爪の病気です。
グリーンネイルの画像

苔みたいな色になって、カビが生えたみたいで怖いですね。
原因はジェルの浮いた隙間から水分が入り、細菌が繁殖する事で起こります。

グリーンネイルになってしまうと、病院で治療し、爪が生え変わるまでネイルができません。
軽度の場合は、変色した部分を伸ばして切ってしまえば終わりですが、重度になると爪から皮膚まで細菌が侵食するので、治療が長引いてしまいます。

グリーンネイルを予防するには、リフトしてきたらオフする、水に濡れたらしっかり手を乾かす、3週間以上ネイルを放置しない事が大切です。

5.ジェルネイルアレルギー

ジェルネイルに使われているものは、ほとんど化学薬品で扱いを間違えば危険な物です。
例えばジェルネイルをオフするアセトンは、高い揮発性と引火性を持った危険な薬品で、アレルギーを引き起こす事も。
ジェルもメーカーによって体質に合わない、という事もあります。

アレルギーや中毒症状はジェルネイルに限らずどんな物質でも起こり得る事なので、必要以上に神経質になる事はないですが、危険な薬品を扱っているという自覚は必要です。

6.ジェルネイルライトの影響

最近はLEDライトが主流ですが、以前はUVライトが主流でした。
しかし、UVは女性の大敵紫外線です。紫外線を当てる行為は日焼けサロンと同じで、繰り返していたら手が黒くなってきたと言う人もいます。
LEDライトの場合、日焼けの心配はありませんが、目に有害な光のブルーライトを強力に発生させています。

出来るだけライトの光は見ないようにしましょう。


スポンサードリンク

ジェルネイルの注意点まとめ

ジェルネイルを始める事は簡単ですが、手軽に誰でも簡単にできるもの、という認識は間違いです。

  • ジェルネイルキットなどに入っている説明書を読み正しく使う
  • 無理矢理剥がさず正しくオフする
  • オフが面倒だからと放置しない
  • 危険な化学薬品を扱っているという自覚が必要
  • 爪や手がおかしいと思ったら自分で判断せず病院へ!

最低限これだけは気をつけましょう。

そういうの面倒でムリー!
という方は、セルフジェルネイルは諦めてプロにしてもらう方がトラブルを避けられます。



★人気ブログランキングに登録しています。 みなさんの応援がブログ更新の励みになります! 記事良かったヨー!と思ったら、是非下記のヨイネ!をクリックして下さい(*^^*)★


人気ブログランキングへ
スポンサードリンク

 - ジェルネイルのやり方 ,